2020/01/13

【アプリ紹介】好きカメラ

今日は 2020/1/11 に公開した「好きカメラ」の紹介です。



こんなアプリ


カメラに写っている被写体をタッチするとAIで検出したっぽい緑の枠が出てきて、その上に「好き」ラベルが現れます。

その状態でシャッターボタンを押すと、「好き」と緑の枠付きの写真を保存したり共有したりすることができます。

「好き」ラベルは好きなテキストに変えることができます。また、枠の位置や大きさも変更可能です。

既に撮影した写真に対しても説明を入れることができます。

推しを表現したり、ネタを作ったり、ご自由にお使いください。

というアプリです。



開発の経緯と今後


かわいさカメラ」 (※顔認識して全員「かわいい」と表示するアプリ) を作った後に、これ別に顔認識しなくて良くね?てか顔以外にも枠を付けたいし。と思ったので、枠の位置や大きさ、テキストを人間が指定できるアプリを作りました。

開発期間


2020/1/7〜1/10の4日間です。

カメラプレビューを常時表示したり、特定のタイミングでそれをUIImageに変換したり、フォトアルバムから画像を選択するコードを簡単に使えるようにすでにライブラリ化していたのと、スクリーンショット、PV、アイコン、ヘルプhtmlを自動生成する仕組みもあったのでそれをさっと使う感じで楽に作れました。


技術的な解説


カメラ映像を常時表示しておいて、画面がタッチされたら枠を追加する、テキストがタッチされたら編集する、枠がドラッグされたら移動やサイズ変更をする、シャッターボタンが押されたら写真と枠とテキストを合成して保存/共有する、という、まぁ普通な作りです。

ドラッグやタッチを検出していい感じに処理するあたりは状態管理が複雑なので毎回ちょっとハマる感じです。


以上、「好きカメラ」の紹介でした。

2020/01/12

【アプリ紹介】コマ撮りくん

今日は 2017/5/3 に公開した「コマ撮りくん」の紹介です。

こんなアプリ


コマ撮り、もしくはストップモーションアニメーションを作るアプリです。

画面をタッチすると1枚の写真が内部に記録されます。撮影対象を少しずつ変化させながらコマを記録していって、最後に保存ボタンを押すと動画がフォトライブラリに保存されます。

直前のコマが薄く表示されるので、撮影対象の位置合わせが簡単にできるのが特徴です。


開発の経緯と今後


分身カメラとか97daysとかで複数のUIImageから動画を生成するライブラリを開発済みだったので、そのライブラリを使ってなんか面白いことできないかな〜と考えていたらコマ撮りを思いついたので作りました。

今後としてはこのアプリと同様に「おれライブラリがあれば楽に作れる動画生成系」を模索することになりそうです。


開発期間


2017/04/29〜5/2の4日間。

5/1からはフィリピンのセブ島にバカンスに出かけたので、優雅にビーチで開発してました。

AppStoreのスクリーンショットはホテルの部屋に置いてあったオレンジとマンゴーを撮影したものです。


技術的な解説


カメラからの映像と直前に記録した画像を半透明合成して常時表示しておいて、画面がタッチされたらカメラからの映像をUIImageにして複数のUIImageから動画を生成するライブラリに渡す作りです。

おれライブラリを使ったので開発自体は軽めでしたが、途中、1024x1024のアイコンから各サイズの画像を含むxcassetを生成してcontents.jsonを生成するツールを書いたり、共通ライブラリを各アプリからcloneしてDropBoxに置いてたら.gitのせいで容量オーバーしたのでgitをやめるなど本質じゃないところに時間を割いたりしています。


以上、「コマ撮りくん」の紹介でした。

【アプリ紹介】レポーター俺

今日は 2016/10/31 に公開した「レポーター俺」の紹介です。

こんなアプリ


自撮り動画を撮るアプリです。

が、ただ撮影するわけじゃなく、「ユーザーはリポーターでありスタジオと中継がつながっている」という体で、アナウンサーの質問に答えてリポート動画を作るというアプリです。撮影中にボタンを押すと拍手や笑い声など効果音が鳴らせます。


開発の経緯と今後


各種スマホの標準カメラで普通に自撮り動画を撮影することはできますが、撮影中はカメラアプリ側としては特に何も起こらないわけです。あくまで撮影される側が全部考えろと。

ということは、アプリ側で少しお膳立てするスタイルの自撮りがあってもいいんじゃないか?ということで作りました。



開発期間


2016/10/25〜10/31の1週間ほど。


技術的な解説


画面にイラストやテキストや自撮り映像を表示しておいて、それを画面録画することで動画化しています。

昔の版ではReplayKitを使っていましたが、動作が不安定で困っていたんですね。そんなときにいつしかiOS側で画面録画ができるようになったのでReplayKitの使用は中止してiOSの機能を使って録画してもらうスタイルに変えました。

以上、「レポーター俺」の紹介でした。

...と思ったら昔「旅してQ!」という名前だったころに記事を書いていました。一応リンクしておきます。

【アプリ紹介】旅してQ!: スタジオと中継がつながっています