2016/11/10

【アプリ紹介】俺の過去 / MyDailyLife このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


今日は 2014/4/25 に公開した「俺の過去」の紹介です。




こんなアプリ

スマホに入っているたくさんの写真や動画を自動的にまとめて音楽付きのハイライト動画を作るアプリです。

「あなたの 2016 年を 15 秒の動画にまとめる」
「あなたの歴代クリスマスを 30 秒の動画にまとめる」
「あなたの最近 1 ヶ月を 5 秒の動画にまとめる」

といったことができちゃいます。





撮影場所を大まかにまとめた地名や、撮影時刻に近い自分のツイートも字幕として映像に合成することができます。

なので「そのとき何をしていたか」が分かって懐かしい気分に浸ることができます。

開発の経緯とこれから

スマホで写真をたくさん撮るけど、昔のやつってめったに見返さないよなぁ、なんか面白いことできないかな〜と考えてて、
ハイライト動画を作ったら過去を思い出しておもしろいかも、と思いついたのがきっかけです。

今 (iOS 10, 2016/9/13 以降) では iOS 標準アプリにも似たような自動生成機能が搭載されるようになってしまいましたが、これを作った当時はなかったので自分なりに欲しい感じのものを作ってみました。

この手のはどうせデバイス側の容量不足で写真をどこかに移さざるを得ないので、スマホでやると比較的最近のハイライトしか出せないなぁ、バックアップ先の PC なりクラウド側でやらないとつらいよなぁと思いつつ作っていましたが、その後 Google Photos のアシスタント機能で写真バックアップからまとめ動画自動生成や昔の写真紹介ができるようになって、あーもうこれでいいや、充分便利だ、となりました。

  〜完〜

悔しいのでちょっとあがくと、撮影日時付近のツイートを動画に合成する機能は上記 2 サービスにはまだ入ってないようです。
写真や動画に限らず、「そのとき何をしていたか」が分かる情報って後から見返すと結構楽しかったりするので、そのうち似たような機能が追加される、かもしれません。

あと、スマホの容量がさらにでかくなるとそれに伴ってスマホ内で完結する人も増えるはずなので、そしたら需要も増える...かもしれません。

開発期間

開発日誌を書いてなかったころのやつなので不明ですが、ソースコードのタイムスタンプからすると 2014/3/25 あたりから作っていたような記録があります。レビュー待ちを 1 週間として、3 週間くらい?

技術的な解説

ユーザがスタートボタンを押すと、まず Social framework の SLRequest.performRequestWithHandler でツイートを取得します。

並行して、ALAssetsLibrary.enumerateGroupsWithTypes と ALAssetsGroup.enumerateAssetsUsingBlock を使ってカメラロールから写真を全部リストアップします。
そのうち日付条件にマッチするものだけ取り出して、指定した長さになるように使用する画像と動画をピックアップします。

ピックアップの方法としては、過去のサマリーということで、対象となる日時範囲に対してなるべく均等に写真や動画を採用するようになっています。

例えば「俺の去年を10秒の動画にする」場合で、去年の 1 月に 100 枚, それ以降の月に 10 枚ずつ写真を撮った場合、1 月のものが他の月の 10 倍多く採用されるんではなく、なるべくどの月からも同じ枚数採用するようにする、という動作をします。ただし、そもそも写真が少なければ 1 月のやつが結果的に大量に採用されます。

具体的には、日付条件にマッチする画像や動画すべてを前から見ていって、直前に採用したものの時刻から Interval 秒以上なら採用する、を繰り返して出来上がる動画の長さを求めるルーチンを Interval について二分探索して、動画が指定した長さになったときの配置を採用するというロジックになっています。

ということで、時間でなるべく均一にサンプリングすることで、自分は平均的には何してたんだろうというのが分かる仕組みになっています。

また、写真に含まれる GPS 情報を CLGeocoder.reverseGeocodeLocation で地名に変換して、K-means 法でクラスタリングして写真や動画を何個かのクラスタに分類しておきます。

...なんというかオーバースペックな気もしますが、ある程度近いところで撮った写真はまとめて「石垣島」とか「港区」みたいなそれを代表するような名前を付けたかったものと思われます。あとは全部同じ国なら国情報は描画しないようになっていたりもします。

ピックアップしたら、あとはいい感じにじわじわズームIN/OUTしながら出力映像に貼り付けて、ツイートや GPS 情報も合成していきます。
動画と音声のフェードイン/アウトも加味して AVAssetWriter とかで出力します。

結構込み入った動画生成処理を書いたので、今後何かに使いまわせるといいな〜と思います。

例えば自分のツイートや任意のタイムラインをテンポよく次々と画像化して動画にする、とか?

写真や動画はかなりプライベートな内容を含むだろうからハイライト動画も public には共有したくないだろうけど、公開ツイートであればハイライト動画も公開できるだろうから、ありかもしれません。作りたいアプリの TODO リストに追加ということで。

このアプリを作った頃は一般ピーポーは Twitter に動画をアップロードできなかったはずで (2015年1月に Twitter Video リリース)、今ならもっと気軽にネタ動画作成→投稿できる環境にある気がします。

以上、「俺の過去」の紹介でした。