2009/10/12

F1中継っぽいテロップの使用例



"F1中継っぽいテロップを生成するスクリプト"で作った連番画像を、Blender を使ってカートのビデオに合成してみました。

"Blender でビデオ編集したい"とも関連するので、作り方などを後ほど記事にする予定です。

2009/10/09

F1中継っぽいテロップを生成するスクリプト

F1中継っぽいテロップを生成するスクリプトを作ってみました。

F1-like-telop

F1-like-telop

F1-like-telop

こんな感じで、予選の残り時間ぽい画像ができます。



使い道

あまり思いつかないですが、以下のような動画との合成に使えるかも。


  • カートに乗ったあなた(王道)

  • 無表情の人々(普段のピット風景)

  • 議論する人々(トラブル発生時のピット風景)

  • 座ったまま寝てる人(徹夜作業の疲れで予選中にうたた寝するピットワーカー)




コード (shell script)

Imagemagick で、グレーと白の背景に文字を入れた画像と、グラデーション2つと白画像をつなげた画像を合成しています。もっと簡単にできるという方、ぜひ教えてくださいw


# Prepare fonts
# ln -s /cygdrive/c/WINDOWS/Fonts /usr/share/fonts/corefonts
# List fonts
# identify -list font |less
# Generate
# # 4:07 から 3:07 まで連番で作る
# perl -e 'for $c (0..60){$t=247-$c;$m=int($t/60);$s=$t%60; $txt=sprintf("%d:%02d", $m, $s); $f=sprintf("out/%03d.png", $c); `sh gen.sh $txt $f`;}'

REST_TIME=$1
OUT_FILE=$2

convert -size 160x6 gradient:black-white g0.png
convert -size 160x28 xc:white g1.png
convert -size 160x6 gradient:white-black g2.png
montage -geometry +0+0 -tile 1x3 g0.png g1.png g2.png g.png

convert -size 160x40 xc:white -fill "#303030" -draw "rectangle 0,0 40,40" \
-pointsize 28 -gravity Center -font "Malgun-Gothic-Bold" \
-fill white -annotate -60-2 "Q3" \
-fill black -annotate +20-2 $REST_TIME base.png
composite -compose multiply g.png base.png $OUT_FILE