2009/01/01

インストールレスなGPSデータの公開方法 このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

あけましておめでとうございます

手軽にGPSデータを公開したい

最近、「よし散歩するぞ!」という時は GPS(GPS-CS1K)を持ち歩いて経路を記録しています。

で、これを手軽に公開したいなと思ったので少し調べてみたんですが、世に知られている方法は大きく分けて


  • 専用ソフトでKMLやHTMLを生成、それを自分用のHTTPサーバにアップ or Google map マイマップにインポート
    trk2goolgemaps
  • GPSログをアップすると、そのデータを Google map にプロットするビューアの URL が発行される(SightField プレテストサービス



といった感じで、いろんなPCを使う環境の人にとっては専用ソフトをインストールするのが手間だったり、データが専用サイトに登録されるのでいつ消されても文句言えない、サービス継続リスクがある、などという状況でした。



ソリューション

というわけで


  • 専用ソフトなしで公開できる
  • データは Google map マイマップに保存する


というワークフローを作ってみました。


nmea2kml


NMEAフォーマットのGPSログファイルをアップ→KMLファイルをダウンロード→Google map マイマップにインポート→作ったマイマップを公開

という流れで公開します。

Google map マイマップサービスが消えるリスクもなくはないですが、ユーザー数からして最良の保管場所と言ってよいかなと思います。

個人的にビューアをかませてURL発行したいという時は、Google spreadsheet とか大手データ保存サービスを使うとデータ管理リスクが減ってよいかな、と思います。