2008/06/16

XNA メモ このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

SketchUp で作ったモデルを .X ファイルにエクスポートして XNA Framework 2.0 で表示させてみるところまでやってみました。


モデルを作って描画するまでのパイプライン


  1. 3D Rad の SketchUp 用プラグインでエクスポートする。
  2. テクスチャ形式、テクスチャサイズの修正(後述)
  3. 一応 DirectX Viewer で確認。
  4. あとは参考ページと同様に Content フォルダに .x を追加してテクスチャを別途フォルダにコピーして読み込みと描画のコードを書いて実行。


20080616_game

ほんとは鉄筋と鉄筋の間が黒じゃなくて透明になるはずなんだけど、なってないですね。これはよくわからん。手始めとしてはこんなもんでしょうか。



気づいたこと/気をつけること


  • SketchUp models into DirectX games
    では DirectX Viewer で読み込めなかった。(東京タワーで確認)
  • Tiff 形式のテクスチャは読めないらしい。png に保存しなおして .X ファイル内の .tif を .png に置換したらうまくいった
  • テクスチャのサイズは 2 のべき乗でないといけない


テクスチャをいじるあたりは自動で処理させたいんですが、IrfanView ではファイル名を変えずにリサイズと特定形式で保存というのができないみたいで無理でした。
ファイル名が変わっちゃうと .x ファイルに書いてあるファイル名も変えなきゃいけないんですね。sed でやればいいのか。

まだワークフローが固まったわけではないので、今は手動で我慢。



参考ページ